2017年1月8日日曜日

1/7の東京新聞に「土壌プロジェクト」について取り上げていただきました



●ネット版の記事はこちらからご覧いただけます
→ http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201701/CK2017010702000179.html

「土壌調査 3000件へあと一歩 原発事故 17都県で市民測定」 

東京電力福島第一原発事故に伴う土壌や食品の汚染を、市民が測定してまとめたウェブサイト「みんなのデータサイト」の運営者が、測定開始から二年間の土壌調査結果をまとめた冊子の発行準備を進めている。土壌汚染は、北海道を除く東日本十七都県の二千五百カ所以上を測定済み。さらに五百カ所超を調べ、冊子にまとめたいという。 (志村彰太)
 みんなのデータサイトは二〇一四年十月に始まった。市民が自前で用意した測定器を使い、現在は三十二カ所の「測定室」がある。サイトでは、土壌の採取場所と時期、放射性セシウムの濃度を地図にまとめている。一万三千件以上を調べた食品は、品目や購入・採取場所、計測時期、セシウム濃度を表にしている。測定費用は、民間団体の助成金や寄付で賄ってきた。
 事務局の小山貴弓(おやまきゆみ)さん(52)=東京都多摩市=は「土壌調査は三千件の目標まであと一歩に迫ってきた」と話す。特に神奈川、栃木、群馬各県のデータがまだ足りず、あと五百カ所以上測る必要があるという。
 このため、今月十一日まで「ムーンショット」というウェブサイトで二百万円の資金を募っている。「九月には冊子を発行したい」と小山さん。冊子には、土壌汚染のデータを描き込んだ地図に加え、測定者による分析も載せるという。
 食品の計測結果のまとめは、土壌の汚染状況との相関まで分析するため、さらに時間がかかる見込み。小山さんは「見えない放射線を可視化する取り組みに協力してほしい」と呼び掛けている。詳細は「みんなのデータサイト」か「ムーンショット」のウェブサイトで見ることができる。

2017年1月4日水曜日

クラウドファンディング締め切りまであと1週間!もう一歩のご支援をお願いします

「みんなのデータサイト」は2017年3月をめどに、無料測定による「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」を終えます。(引き続き有料での測定は続けます)
そして4~9月の半年の間に17都県個別の解説を付けた地図帳=アトラス版の制作を進める予定です。
広く皆様にお伝えするために、web公開を先行しながら、書籍の形でまとめる予定です。
私たちは、このデータが社会のあり方を考えるみなさまの指標の一つとなり、放射能汚染から人々を、とりわけ放射能に対しての感受性の高い子どもたちを守り、被曝低減の助けとなるよう活動を継続していきます。

ぜひこの活動を支えるクラウドファンディングにご協力をよろしくお願いいたします。

クラウドファンディングの支援はこちらから
→ https://moon-shot.org/projects/minnanods-map




2016年11月19日土曜日

【クラウドファンディング】郵便局の払込取扱票による振込でも支援できます!


クラウドファンディングでの支援が技術的に難しい方は、ゆうちょ銀行への振込で同じ内容の支援を行なうことができます。
一旦「みんなのデータサイト」の口座に皆様からお振込いただいた金額を、事務局があらためてクラウドファンディングに代理で振り込み直す方法です。
この方法で支援をしてくださる方は下記口座へお振り込みください
(〆切:12/31(土) 21:00)
→お振込後、事務局による手続きが必要なため、クレジットよりも早い年内の〆切となります。


★郵便局備え付けの青い用紙でお振り込みください。
<振込先>ゆうちょ銀行
口座番号:00100-7-0729477
口座名義:みんなのデータサイト運営委員会

★振込金額:1,000円、3,000円、10,000円、30,000円、100,000円からお選びください(その他の金額はクラウドファンディング対応の対象外になります)
※振込手数料は支援者にてご負担願います。

★通信欄に必ず「クラウドファンディング」と明記ください。

★住所、氏名、電話番号、メールアドレスを必ず明記ください。 
 お礼(リターン)送付の連絡のために必要です。

プロジェクト内容、支援金額ごとのお礼の内容など、詳しくは、https://moon-shot.org/projects/minnanods-mapをご覧ください。


2016年11月8日火曜日

【お知らせ】クラウドファンディングが始まりました! ご支援よろしくお願いいたします

11月8日(火)から、クラウドファンディングをスタートしました。
来年1月11日までに、土壌プロジェクトの活動資金200万円をご支援いただく目標です。ぜひとも、拡散、応援をよろしくお願いいたします。

詳細はこちら→ https://moon-shot.org/projects/minnanods-map

ご支援いただいた方へのお礼(リターン)として、現在採取ステージの最終章を迎えつつある、土壌プロジェクトの採取データを減衰補正し、「2011年3月21日換算の沈着したベクレル量推測マップ」など今回のクラウドファンディングにご支援いただいた方限定のスペシャルなお礼を用意します!

2014年から続けてきた 東日本土壌ベクレル測定プロジェクトの集大成を世に送り出すまであと一歩! 必要な資金を調達し、しっかりとしたデータをお見せできるように頑張っていきます。
どうぞ応援をよろしくお願いいたします。


2016年11月5日土曜日

【11/20・新潟】「村上直行さん講演会」開催のお知らせ

新潟県のあがのラボ代表で、第1種放射線取扱責任者でもある村上直行さんによる、土壌汚染、放射能について学ぶ講演会が開かれます。
是非ふるってお申し込みください。詳細は添付チラシをご参照ください。

***********************************************

いのち・原発を考える新潟女性の会 福島とともにシリーズNo.35

第56回学習交流会
〜村上直行さん講演会〜
5年後の土壌汚染の実態
いまさら学ぶ 放射能・内部被ばく・セシウム汚染

日時: 11月20日(日) 13:30〜16:00
会場: クロスパルにいがた 4F402
    新潟市中央区礎町通3ノ町2086
    TEL 025−224−2088
    資料代:500円
主催: いのち・原発を考える新潟女性の会




2016年9月2日金曜日

【お知らせ】LUSHチャリティポットにて土壌プロジェクトを宣伝・応援いただいています

みんなのデータサイト・土壌プロジェクトは本年度、
フレッシュハンドメイドコスメティックス「ラッシュジャパン」様の「チャリティバンク」という助成を受け、測定費用や採取講習会などの費用に充てさせていただいております。

ラッシュでは、「チャリティーポット」というハンド・ボディローションの売り上げ全額を寄付金として活用しておられるそうです。

「チャリティーポット」の商品ラベルに、LUSHが助成しているプロジェクトを紹介するラベルを貼って販売。
もちろん、私たち土壌プロジェクトも紹介していただき、現在、店頭で販売されております。

ぜひ、LUSHの店舗にお立ち寄りいただき、「チャリティーポット」
(ハンド・ボディローション)をご覧・購入いただけましたら幸いです。

★こちらが今回のみんなのデータサイトのラベルです↓↓↓



詳しくは、ラッシュジャパンのホームページをご覧ください。
→ https://www.lushjapan.com/article/charity-pot-supports

LUSHジャパン様のご支援に心より感謝申し上げます。


以下、ラッシュ様ホームページより抜粋
--------
■『ニュー チャリティポット 』による支援
社会の問題を根本から解決するような活動をしている小規模な草の根団体を支援すること、消費税を除く売上げの全額を支援することをポリシーとして、ラッシュはチャリティ活動を続けています。社会のためにできるチャリティのプログラムはないだろうか。たくさんの議論の末に生まれたのが売上げの全額が寄付となるボディクリーム『チャリティポット』です。2014年には原材料にもよりこだわったハンド&ボディローション『ニュー チャリティポット』にリニューアルしました。
2007年の『ニューチャリティポット』発売開始以来、日本では4億6千8百万円を小規模な草の根団体に助成・寄付してきました。(2016年7月末現在)ご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。『チャリティポット』は現在世界35か国で販売されています。自然環境の保護、動物の権利擁護、人権擁護・人道支援のために必要なアドボカシーを行うことは私たちの責任です。日本では、復興支援活動への継続的な応援も引き続き行っています。
また『ニュー チャリティポット』の商品ラベルを定期的に更新し、これまでに助成を行った団体をご紹介しています。商品ラベルをご覧いただくことで『ニュー チャリティポット』の売上げがどのような活動に繋がってきたかをご確認いただく事が出来ます。
--------ラッシュジャパンホームページより抜粋ここまで



2016年8月31日水曜日

【土壌プロジェクト】近況:2300検体を超えて参りました!ご協力に感謝いたします


皆様のご協力によって、東日本土壌ベクレル測定プロジェクトの検体が、2300地点を超えました。
http://www.minnanods.net/soil/pref17_colored/map17.html
一点一点のポイントが、わざわざ手掘りでほっていただき、必要事項を細かく記入していただき送付していただいたものです。
測定室で受け取った後、測定をし、項目の多いデータ入力をし、それで初めて、ウェブサイトの地図上の1つの点として表示されるという流れです。
非常に貴重なデータとして、これらの土壌データがあります。
ご協力いただいているすべての方々に感謝いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近のめぼしい進展は、
群馬県や、新潟県や、秋田県です。
広範囲に採取測定してくださり、ありがとうございます!!
高い数値も、低い数値も、その場所(地域)の現状を知るデータとして、有効です。
少しでも多くのデータがあれば、より詳細に見えて参ります。
引き続き、空白域の採取のご協力を宜しくお願い申し上げます。



↑上記ページへアクセスしていただくと、このような見かけの17都県分のマップをみることができます。
各都県をクリックすることで県ごとを大きく表示することができます。